風の強い月曜の夕暮れに目を閉じて

「水」のこと好きかな?嫌いかな?さまざま思いがあるかもだけど、さほど悪いものじゃない気がする、「戦略」。そう思ったりしない?
ホームボタン

気どりながら歌う兄さんと気の抜けたコーラ

人によって、物の趣味や気になるものが存在すると思っているけれど、それらを聞いてみるのが大好き。
友人に問いかけてみたところ、お金、スベスベの下着、お母さんのことが好きで仕方ないとの事。
さらに、男性の血管の浮き出た手首。
それにヨーロッパ系言語のひびき。
自分には理解できない。
リンゴ飴、シャツを身につけないで薄手のニット、軽い香水、声のかすれた若い人が好きだと、話してみた。
なかなか分からないとの事だった。
まさにこれは、フェチという分野だという。

涼しい週末の夜に冷酒を
時は金なりとは、凄いセンテンスで、だらだらしていると、見事にあっという間に貴重な時間が無くなる。
もっともっとさらりと業務も課題も終了すれば、他の作業に貴重な時間を回すのに。
しいて言えば、外に出たり、料理にはまったり、雑誌を手に取ったり。
そう思いついて、ここ最近、さらりと終わらせようと努力しているが、何日続くのか。

目を閉じてお喋りする子供と草原

知佳ちゃんが、マンションのベランダにて、ミニトマトを作っている。
実ったらトマトソースを作るらしい。
実際、あまり水も肥料も与えないし、ベランダでタバコを吸うので、トマトの生活環境は少しも良くない。
1日、水も肥料もあげてないと言う時期の、トマトの姿は、緑色の葉が垂れ下がっていて、まるでがっかりしている様子に激似だ。
申し訳ない気分になったので、水を豊富にあたえると、翌日の早朝のミニトマトは陽気に復活していた。

無我夢中で走るあなたとわたし
一時期、コンディションが良くない上に、食生活と、眠りの中身が悪かったので、口内炎が激増した。
これはヤバいと考え、食生活を整え、健康にいい事をしようと周りの意見を聞いた。
すると推進されたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
今もかなりの頻度で飲んでいる。
あのレモンよりもビタミンが豊富に含まれているとの事だ。
コンディションと美しさは何と言ってもビタミンから形成されるのかもしれない。

騒がしく自転車をこぐあなたとファミレス

いまどき珍しく、私の部屋は、冷房も暖房器具もついていない場所だ。
よって、扇風機と冷やしたミリンダを飲みながら作業をする。
昨日、扇風機を動かそうと思い、回したまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の歯が停止したので「どうしたんだろう」と考え、じっくり見た。
気付かなかったのが、回転の邪魔をしているのは、まさしく自分の指だった。
恐る恐る抜くと、また扇風機は回転を始め、自分の指からは出血した。
痛みもなにも感じることもなかったが、注意しようと誓った。

蒸し暑い木曜の夕暮れに微笑んで
検診は、毎回どういうわけか引っかかる。
脈だったり、血液検査だったり、胃だったり。
胃の検診を発泡剤とバリウムを一杯飲んで受けてみて、結果がくると、がんの疑惑が存在して、早く、胃カメラを下記の病院にて受けてください。
と印刷されてあったのには、あせった。
あせったというより不安だった。
至急胃腸科の病院に検査に車で行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃はずっと前から痛かったので、身体検査に引っ掛かったのはわかるが、言葉で私の名前と胃がんの疑念があると印刷されてあったらおっかなかった。

余裕で跳ねる父さんとオレ

少年はものすごくお腹が減っていた。
来週から夏休みという時期、小学校から元気よく帰っているときだった。
セミももう騒々しく鳴いている。
日差しは強く、夕方なのにまだお日様は高かった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るのがほとんどだけど、今日はあまりにも腹ペコだったため、とっとと家に帰って何かを食べたかった。
少年が食べようと思っているのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨夜のカレーは、まだ鍋にかなり残っていたはずだ。
ご飯もおそらく、残ったのが冷蔵庫に入ってたはず。
少年はカレーを食べる自分を思い浮かべて、足早に家へと向かった。
すると、汗がいっそう出てきた。

具合悪そうに体操する子供と横殴りの雪
職場で親しくなった女性がいる。
変わった人で、その話がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格大好きだということ。
幼稚園教諭の免許、スキューバーの資格、インテリアコーディネイター。
観光英語検定1級、フランス語検定2級、元スッチー。
公認会計士も受かったと聞いたような。
さすがに公認会計士の件を母に話してみたところ、君の聞き間違いだと思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の上司と結婚し寿退社していった。

喜んで跳ねる姉妹と季節はずれの雪

人々のほとんどが水という調査もあるので、水の摂取は人の基本です。
水分摂取を怠ることなく、みなさん元気で楽しい夏を過ごしたいですね。
きらめく太陽の中から蝉の声が耳に入るとこの時期、普段は外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策に関して丁寧な方が多いのではないでしょうか。
夏の肌のお手入れは秋に表れるという位なので、どうしても気にかけてしまう所かもしれません。
そして、誰でも気になっているのが水分補給につてです。
ましてや、普段から水分の過剰摂取は、あまり良くないものの、夏の時期ばかりはちょっと例外かもしれません。
なぜかというと、たくさん汗を出して、知らない間に体から水分が出ていくからです。
外出した時の自分自身の健康状態も関係することでしょう。
もしかすると、自分自身が気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
夏の真っただ中の水分摂取は、次の瞬間のコンディションに出るといっても過言ではないかもしれません。
短時間だけ外へ出るときにも、小さなもので充分なので、水筒があったらすごく経済的です。
人々のほとんどが水という調査もあるので、水の摂取は人の基本です。
水分摂取を怠ることなく、みなさん元気で楽しい夏を過ごしたいですね。

息絶え絶えで自転車をこぐ彼と月夜
久々に、明日香と麻衣子と海外旅行に行きました。
2人とも、私の短大の同級生で、一緒に頑張ったクラスメイトです。
しかも、力を入れていたのが旅行業と、英語なので、観光地巡りが、大好きな学生たちでいっぱいでした。
なかでも、麻衣子と明日香を含む仲良し6人で色んな土地へ旅をした思い出は懐かしい。
私は今までそれほど友人が多くないし、それでそれで良いと考えています。
だから、素直にうれしかったけれど、横で麻衣子が満足そうな顔をしてくれたのも私のツボでした。

Copyright (C) 2015 だから言ったじゃない、右だって All Rights Reserved.