目を閉じて踊る友人とアスファルトの匂い

「スープカレー」は好きかな?嫌いかな?それぞれ思いがあるかもだけど、さほど悪いもんじゃないよね、「欲求」。そう思ったりしない?
ホームボタン

熱中して吠えるあの子と夕立

きょうは、梅雨があけてから初めて雨になった。
ウキ釣りの約束を娘としていたが、雷がなっているので、さすがに怖くて行けそうにない。
気がついたら、雨がやんだので、できれば行くということになったのだが、釣りに行く道具の準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
またの機会にと言って釣りざおなどをなおした。
来週は雨じゃないみたいだ。
なので、次こそ行ってみよう。
またの機会に行ける日にと話して釣り道具をなおした。
明日からは雨じゃないらしい。
その時は、次こそ行ってみよう。

雪の降る金曜の夕方に微笑んで
オフィスで就いていた時の先輩は、親が社長で、誰が見てもお姫様だった。
小さな体で可愛らしくてとにかく元気な、動物を愛する先輩。
愛護サークルなど設立して、しっかり活動を行っている様子。
革の使用反対、ヴィーガン、動物実験取りやめ賛成。
一度マンションにお邪魔したことがある。
都心にある上等なマンションで、レインボーブリッジが見える。
その先輩、手入れの行き届いたきれいなシャムネコと仲良しだった。

天気の良い土曜の昼に昔を懐かしむ

昔から、業務や家事に追われていて、なかなか空いた時間がない。
隙間の時間が持てても、自然に次の仕事の納期など、今後の締切が頭にある。
そんな状況で、大きな休みができると、とても喜ばしい。
よ〜し、この空いた時間を何に費やそうかと。
だいたい、毎回、あれしたい、これもしたいという希望のみが重なり、完全には上手くいかない。
その上、私はマイペースなので、あっと言う間に一日が経過。
時は金なり、という言葉は本当に的確だと思う。

蒸し暑い木曜の夜明けはカクテルを
此の程、テレビで、マックチキンの食感を再現するレシピというふうに流していた。
めっちゃうまそうだと感じて、妻にしてもらったが、マックのチキンナゲットの食感では決してないけれどおいしかったです。
味わってみたら衣が心なしか固かったけれど、中は、チキンといえばチキンなんだから、俺の舌では、ある程度の違いはわからなくてとってもおいしかったです。

喜んで吠えるあの子とアスファルトの匂い

知佳子はAさんが大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子の事を大切にしている。
Aさんが出張が決まれば、知佳子も必ず一緒だし、つい最近は私も一晩だけ同伴させてもらった。
この2人は私を同じニックネームで呼びかけるし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、とりあえず、私に質問してくれる。
なんとなしに気にかけてくれている感じがしてかなり空気がよかった。

一生懸命吠える子供と失くしたストラップ
娘がマルモダンスにはまっている。
私たちは教えていないけど、3歳だけど一生懸命まねしている。
映像の中でマルモのおきての音が聞こえると、録画映像を見ると主張して泣いている。
保存した映像を見せると止まることなくずっと見続けている。
父親なので、映像を見続けるよりも本を見たり、おもちゃで体を使って遊んだりしているのがいいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今いっしょに遊んでおくのも私たちの為だ。

悲しそうに歌う子供と擦り切れたミサンガ

営業に行くと、三日くらい帰れないこともある。
その最中は、頑張ってる感は持っているけれど、常に気を張っているので、ほとんど眠れない。
起きる予定時間のずいぶん前にもかかわらず、眠いのに目が覚めてしまう。
その代り、帰宅した時のやりきった感は素晴らしい。
思う存分遊ぶし、寝れるし、しっかり食事をとる。

息もつかさず自転車をこぐ兄さんと濡れたTシャツ
中学生の頃、父も母も、娘の私の人付き合いに対ししつこく積極的であることを求めてきた。
一般より離れてはいけない、など。
凄く生きづらい時代だったと考える。
授業が過ぎると、ほぼ毎日嘘の話を楽しそうに母に話す。
そうすると、安心したような顔を見せてくれる。
周りとずれると、嫌われる。
こんなことばかり思っていた学生時代の自分と母親。
切ない昔だと今は思う。

騒がしく叫ぶ彼女と観光地

チカコと福岡のAbercrombie & Fitchに入店した。
心からアバクロンビーのシンプルなコーデが好き。
それに、入った時の薄暗さと、満ちている香りが。
3時間程うろついて、アバクロンビーを後にした。
すると、私は歩道をふさいでいたので、失礼しました!と言って後ろを見た。
見たら、店員さんだと思っていた兄さん。
笑顔で、大丈夫ですよ、など言っていた。
ビックリしたのは、抱えている荷物。
アバクロンビーでどんだけ購入したの?って聞きたくなった。
次に入店した、スタバで知佳子とその男の人の職業予測で議論をした。
本当の事は謎だ。

控え目に吠える兄さんと枯れた森
私は前から、肌がさほど強くなく、すぐにトラブルが起きる。
それもあるし、ボディーソープの肌にこびりつく使用感が好ましくない。
しかしながら、寒い季節はかなり乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていない化粧水を使っている。
その商品の残念なところは、値段がとても高く、買うのに勇気がいるところだ。

Copyright (C) 2015 だから言ったじゃない、右だって All Rights Reserved.